代表者略歴

合同会社販路開拓サポート.代表社員 小地沢 俊介(こちさわ しゅんすけ)

1971年
岩手県盛岡市出身。
岩手県立盛岡第一高等学校卒業。
中央大学法学部法律学科卒業。
1997年
岩手県商工会連合会に入職。経営指導員として紫波町商工会に勤務。
地方中小企業の経営指導、地域活性化の事業に取組む。
2000年
(株)日本LCAに入社。人事・教育戦略担当として、大手企業のリストラ施策支援等を手がけ、人事面談や再就職支援、新規・中途採用支援に携わり、コーディネート業務を手掛ける。
その後、営業アウトソーシング戦略担当として、首都圏金融機関(生保・損保・消費者金融等)のコールセンター設立運営、スタッフ採用、教育を担当する。
(採用・教育実施人数は約500名)
また、大手住宅メーカーをクライアントに持ち、住宅展示場来場者の受注促進施策の構築に関わる。更に地方自動車販社に対する受注強化プロジェクト企画を担当する。
また、上記の経験を活かし、人材採用から教育、組織構築、モチベーション強化、営業実績アップという人材に係る総合的な収益構造強化の専門家として企業指導や講演に携わる。
2004年
(株)東京営業部入社。セールスレップ事業部長として、地方中小企業の首都圏向け販路開拓、商品開発支援業務を請負う。営業アウトソーシング業務において、年間で述べ300社と商談を実施。多くの首都圏バイヤーから聴取した「生のニーズ」を基に、地方メーカーに対し、精度の高い商品化支援、高付加価値化の指導に当たる。
また、営業人材教育部門HRI(ヒューマン・リソース・インキュベーション)事業部を設立し、地方中小企業の営業人材育成支援にも注力。中でも同行営業指導業務においては、企業の経営者、営業担当者を毎月3~4社東京に招き指導を実施。実践を通じて、バイヤーへのアポイント取得から受注クロージングまでのノウハウを伝達した。
2006年5月
合同会社販路開拓サポート設立。中小企業の首都圏向け商品開発支援、販路開拓支援分野での専門家として、全国の中小企業と首都圏バイヤーとのマッチングに尽力中。都道府県、市町村の行政の補助事業、商工団体の各種事業の専門家として、各地に赴く。(年間地方企業訪問日数は200日を超える)
これまで延べ300社、約1,000商材の商品開発及び改良指導に着手(食品650アイテム、非食品350アイテム)。首都圏を中心とする提案先バイヤー顧客は110社にのぼる。
2011年3月11日
岩手県の事業コーディネーターとして首都圏バイヤーを招聘するコーディネート業務を実施中、陸前高田市にて大震災に遭遇する。
自家用車を破損するものの、辛うじて難を逃れるが、岩手県は地元である為、実家家屋・墓地が破損する。また、この震災で、親類、知人、支援先企業の多くを失う。
震災以降、三陸地域への支援物資の調達と配達を実施する。そこでこれまでの取引先、商談先である首都圏販路のバイヤー、関係者からの多くの支援を受ける。現在、被災企業の復興に向けての様々な支援を行うと共に、被災地の状況を理解する立場から東北商材に対する風評被害の対策として、現地の「生の状況」「生の声」「今必要なもの」を発信し続けている。

代表者支援先団体抜粋(行政・商工団体関連)

①営業・販路開拓・
マーケティング支援 等
・青森県・岩手県・山形県・岐阜県・山口県・愛媛県・北九州市・札幌市・全国商工会連合会・福井県商工会連合会、宮城県商工会連合会・鹿角市商工会・愛媛県中小企業団体中央会、石川県商工会連合会・愛媛県 他
②展示会コーディネート
支援 等
・全国商工会連合会・愛媛県中小企業団体中央会・青森県・紀北町商工会・御浜町商工会・紀宝町商工会・大台町商工会・岩手県・大崎商工会・福井商工会議所・大野商工会議所・大槌町商工会 他
③各種セミナー 等・岩手県商工会連合会・石巻商工会議所・千葉県商工会連合会・岩手県・福井商工会議所・大野商工会議所・石川県商工会連合会・愛媛県・函館東商工会・大崎商工会・青森県・宜野湾市商工会・広島県商工会連合会・三原臨空商工会・世羅町商工会・神石高原商工会・田子町商工会・紀北町商工会・紀宝町商工会・綾町商工会・国富町商工会・都城商工会議所 他
③各種セミナー 等・いわて産業振興センター・岩手県大船渡振興局水産部・香川県商工会連合会・国富町商工会・綾町商工会・秋田県北部センター 他
⑤地域資源∞全国展開
プロジェクト支援商工会
・北海道商工会連合会・田子町商工会・大館北秋商工会・八幡平市商工会・平泉商工会大崎商工会・大槌町商工会・紀北町商工会・御浜町商工会・大台町商工会・静岡県商工会連合会・紀宝町商工会・徳仁町商工会・福井県商工会連合会・原村商工会・瀬高町商工会・鞍手町商工会・天水町商工会・国富町商工会・愛南町商工会・高松市牟礼庵治商工会・よこて市商工会・羽後町商工会 他